ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、当初平秀信氏の商材『MMS』のオマケとして
付いて来た無料音声セミナーで、その後単品でも販売をした

 MMS Secrets - Visious Tele Seminar(非道徳テレセミナー)

を紹介します。


【対象】
Visious Tele Seminar(非道徳テレセミナー)Vol.1
コピーライティングの全て

【要約】
コピーライティングを書く際、以下を念頭に置く
 1:お客様は ●まない、●かない
 2:お客様は ●じない
 3:お客様は 今すぐ●動しない

・●トーリー(物●)を書く

・せんべいの場合、作成までの●のり(ス●ーリー)を書く

・セールスにつながるス●ーリーを書く

・対象顧客や商品をリサーチする

・映画を見る

・お客の●じない箇所に●拠を書く(書く●●は関係ない)

・お客の●を考えてレターを書く

・気をつけなくてはいけないこと
 1:十分●き込めたか?
  もっと●き込める方法はないか
 2:●拠は信じてもらえたか?
 3:●動を起こさせる理●があるか?

・1%でもコピーライティング多く●じてもらうようにする

・最初にばっとコピーを書いて、チェックする
 (同時にチェックをしない)

・ものを売る●ンセ●トを売る

 <例>
 白い歯にする→きれいな笑顔にする
 商品を使ったことによっての●●を書く

・参考になる人 『ジョージ シュガーマン』

・●ンセ●トは大事!(これが重要)
 その際、●ンセ●トは1つに絞る


☆ヘッドライン(=キャッチコピー

コピーの●0%

・ボディーが良くても、これが悪ければだめ!!

 ①具体的な●字・●果を盛り込む
 ②●が欲しがっているもの(利●)を盛り込む  
 ③興味がわく●●を入れる
 (例:なぜ1本足のゴルファーがシングルなのか?) 
 ④”●●●的”な要素を入れる
 (ちまたで大きな声で言えない事)例:●的なこと

 ※これ4つ全てを入れるほうが良い!


・●●性を持たせる

・ヘッドラインは●●ても良い。

・組み合わせは自由

・コピーライティングを書く時は
 ●ディー → ヘッ●ライ● の順

・テストの前に50個のヘッドラインから1つ選ぶ

・●●●●●を壁に投げながら書く

・●●●●●ボール握りながら

・顧客に●えさせずに読む

・お客の●●の流れに沿って書く
 (書いていることが●じられないのに●●書いても仕方ない)
 ※これが●●% 重要!!

・商品を売るときには、●●●●のお客様になりきる
 (実際に●●●みる)

・●●の気持ちが分かるまで買う


・●●なことを書いても構わない、逆に書かない方が
 お客は●●感を抱く


・すしが1円です!
 (なぜ1円で販売するのかを書かないとだめ!)


・「情報商材」は時間を売っている

・コピーライティングは、人間の●を書く

・映画「Ray」を見る

・目標を●●●●●と考えてみる


★★★ 『Mr.X』 関連商品をYahoo!オークションで探す ★★★


【評価】


スポンサーサイト

今回は、当初平秀信氏の商材『MMS』のオマケとして
付いて来た無料音声セミナーで、その後単品でも販売をした

 MMS Secrets - Visious Tele Seminar(非道徳テレセミナー)

を紹介します。


【対象】
Visious Tele Seminar(非道徳テレセミナー)
イントロダクション


【要約】
MMSの勉強の順番


 ◎何か心の悩みある人は、以下のCD/DVDを見る聴く

  1)Vicious Solution Secrets Q&A(DVD) 
  2)Vicious Solution Secrets 対談編(CD)
  3)SuccessEquation 収録編(溝口先生)
  4)SuccessEquation 対談編(溝口先生)

 ◎何も悩みがない人は、以下のCD/DVDを見る聴く

  5)VisiousMarketingSecrets 実践編~売り上げ重視
  6)億万長者セミナー収録編 1~3 全体の流れ
  7)Vicious Lead Generation System(DRMを学ぶ)


 ・同梱されている『アクションプラン』シートに沿って勉強する

 
◆あらゆる悩みを解決させる方法

 ・●●的な自分を知る

  ①問題点を書く~吐き出す
   →ブレ●●●ンプ(シンク●●ペーパー)


◆自分のポジションを知るには?

  ②①で強み弱みを知り、弱みを強みに変える
   →言葉を良い言葉に言い換える辞典(●●辞典)

  ③●S●(●●●● Sales ●oin●)を作る
   ●S●は目標達成まで変えてはいけない!

  ④価値・評価を上げる”●●”を挙げる
   例:賞状、運動会で1等、新聞記事

   ●●がない場合、
    人に評価されるにはどうするべきかを考える。
    (資格、学歴)


◆最大限に自分を●●ー●する方法

  ⑤自分を●●ー●する
   チラシ、ダイレクトメール、マスコミを利用し
   短期間で知ってもらう


◆売上を上げるための明確な方法

 ・新たな仕事を取るには、『●●を打つ』

 ・●●客を対象にしていない


◆ここまで聴いても、具体的に何をしたら良いのか分からない人達へ

 1)まずは②ブレ●●●●プをする

 2)お客を●●●す(誰が買っているのか?)

 3)お客の●●●を考え、●●する方法を提供する
  (●●できる商品を出す)

 4)セールスレター小冊子・パンフレット・ちらしを作る


【評価】



今回は、 日本最大のオーディオブックサイト
『FeBe(フィービー)』を紹介します。
http://www.febe.jp/

【詳細】
スキルアップするのに有効な方法の1つとして

 ”読書

があります。

本の場合、1冊1000円ちょっとで色んな方の
色んな知識を吸収できます。
また図書館に行けば、無料で多くのことを学べます。

しかし、読書の欠点としては

 ・読む時間がとれない
 ・通勤電車では、人が多くて読めない
  (読む気にならない)
 ・眼が疲れる
 ・読むのがキライ!

というのがあります。

そんな悩みで読書をあきらめている方に朗報です!!

FeBe(フィービー)』では、市販の本を音声化し
iPodなどの携帯オーディオプレーヤーで聴けるように
してくれています。
(アメリカではオーディオブックは通常の書店で
簡単に手に入ります)


例えば、あなたも知ってるこんな本も。。。

 ・さおだけ屋はなぜ潰れない (山田真哉)
 ・ザ・プロフェッショナル (大前研一)
 ・原因と結果の法則 (ジェームズアレン/坂本貢一)
 ・窓ぎわのトットちゃん (黒柳徹子)
 ・P.F.ドラッカー経営論 (P.F.ドラッカー)
 ・銀河鉄道の夜 (宮沢賢治)
 
また前にも書きましたが『神田昌典』氏が薦めている
学習方法の1つに

 ”耳で勉強する”

という方法があります。

本であれば、
 意識的に見なくてはいけませんが

音声であれば、
 通勤途中など意識をせずに勝手に読み進めてくれます。

なので、上記の悩みを持つ方でもカンタンに
本の内容を理解できますし、より記憶が定着します。

ぜひお試しください!!





今回は、神田昌典氏の

 60分間・企業ダントツ化プロジェクト
 戦略構築速習セミナー

を紹介します。
========================
【商材概要】
 60分間・企業ダントツ化プロジェクト 戦略構築速習セミナー
 DVD 8枚 CD 14枚 合計678分!
 テキスト85ページ、リライト151ページ付
 http://www.kandamasanori.com/strategy_dvd/
 
【要約】
この 『60分間・企業ダントツ化プロジェクト 戦略構築速習セミナー』は、
ダイヤモンド社より発刊されている

 『60分間・企業ダントツ化プロジェクト

という書籍に関連した商品です。


大まかな内容としては、

 ”企業経営者向けの事業戦略の立て方”

に関するものです。


具体的に言うと、
この 『60分間・企業ダントツ化プロジェクト 戦略構築速習セミナー』では

顧客にとって魅力ある”ビジネスモデル”を構築する方法を
紹介しています。

それを 『60分間・企業ダントツ化プロジェクト 戦略構築速習セミナー』(では

 『スター戦略構築法

と読んでいます。

この『スター戦略構築法』とは、多数の優秀な経営者の方々の
思考法を分析し

 ・6つのステップ
 ・20通りのチャート

に分類しています。


 [ステップ1:商品]
  チャート
   1)商品寿命の予測
   2)商品のニーズ・ウォンツ
   3)商品コンセプトの伝わりやすさ
   4)商品の展開力
 
 [ステップ2:顧客]
  チャート
   5)付き合いたい客・付き合いたくない客の明確化
   6)顧客ターゲットの優先順位付け
   7)顧客コストの検討
   8)顧客獲得に影響力のある顧客は誰

 [ステップ3:競合]
  チャート
   9)のんびりした市場
   10)顧客視点での自社(製品)の優位性
   11)顧客が感じる価値観検討
   12)参入障壁・撤退障壁の検討

 [ステップ4:収益シミュレーション]
  チャート
   13)顧客生涯価値の予測

 [ステップ5:タイミング]
  チャート
   14)バーゲンセール型orロープライス型のどっち?
   15)販売方法は1ステップor2ステップのどっち?

 [ステップ6:メッセージ]
  チャート
   16)ニーズ・ウォンツ分析
   17)差し迫った必要性の有無
   18)行動を起こすか?
   19)行動をストップしないか?
   20)緊急性


上記をチャート化(図式化)したことにより、戦略を立てる際、
遊び感覚で使うだけで、効率的に魅力的なビジネスモデルを
短時間で出すことができます。


その他には・・・

 ・ライフサイクルの使い方
 ・商品の潜在顧客の発見法
 ・ターゲットとなる顧客の絞り方 
 ・自社の優位性
 ・粗利の増やし方
 ・顧客の購買意欲の高め方

ということが分かります。


【評価】


テーマ:稼ぎ方のノウハウ - ジャンル:ビジネス


今回は、ラーニングエッジ株式会社が運営している

 『セミナーズ』

というHPで扱っているセミナー(講演)関連の
教材を紹介します。


【詳細】
私も信奉している『神田昌典』氏が薦めている学習方法の1つに

 ”耳で勉強する”

という方法があります。

それは、あなたが普段iPodなど携帯オーディオで聴いている
音楽の代わりに「成功者の談話」や「著名人の講演」を
聴くというものです。


セミナーズ』のHPでは、色んな有名企業の社長や著名人の方々の
お話しを聴くことができます。




例えば、以下のような方々のお話があります。

 <例>
 ・「7つの習慣」「成功の9ステップ」のジェームス・スキナーさん
 ・「通販大家さん」 ビジネスプロデューサー 金森重樹さん
 ・マネーの虎で有名な 臼井由紀さん
 ・ランチェスター戦略の第一人者 竹田陽一さん


【評価】



今回は、平秀信氏も推薦している吉井伯榮氏の

 ”サイグラム心理学)”

を紹介します。


=======================
【講座名】
サイグラム基礎+活用講座


サイグラムとは?】
能力心理学、分析心理学を元に作られた
コミュニケーションスキルです。

自分や相手の人を●●●を元に

 ”生まれついての性格”を

計12通りに分類します。

その性格に応じてコミュニケーションの方法を変え、
より良い関係を築こうとするものです。

大まかな分類方法は、以下の通りです。

 1)3つのパターンに分類
  ①「考え方」を重視(知:Mind)
  ②「感じ方」を重視(情:Felling)
  ③「行動」を重視(意:Action)

 2)1)を更に主と副の2つに分類
  [例]
   主として「考え方」
   副として「感じ方」 を重視


 3)「人づきあい」で2つに分類
  ①外向的(積極)
  ②内向的(慎重)

【評価】


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体


今回は、平秀信氏が

 7年で100億円を稼ぎ出したノウハウ

について語った講演を紹介します。

億万長者の秘密

===============
【開催日】
2007年9月20日(水)19:50~21:10

 
【開催場所】
東京都豊島区 豊島公会堂


【公演名】
第4回マーケティングセミナー
(借金1億円から7年で100億円稼いだノウハウ)


【講演者】
平秀信


【要約】
・成功には色んなパターンがある

・情報や知識は得るだけではダメ。●●しなくては意味がない。

・ビジネスでは能力がなくても成功できる。

・何でも自分で試してみる

・自分のステータスをあげる(自分の意識を常に高く持つ)

・サラリーマンは「サイド●●●●」をはじめるべき。
 その際、●●●ー●●●は使ってはいけない

・商売に必要なことは、以下の3つ
 ①●品力
 ②●客力
 ③●業力

・商売をする際、●●する分野を選らばなくてはいけない

・商売人は、●を使わなくてはダメ

・なぜ成功したのか?
 ①本を読んだ後、その中から得た知識を元に●●する(1つでも可)
 ②DRMを学んだ
 ③●●ビジネス(●ウ●ウをまとめて売る)を始めた
 ④他人に与える(●会●献を意識する)
 ⑤モ●リング
 (成功者の●●をする。ただし自分にあった人を選ぶ)

・平氏が尊敬する人は、「斉藤一人」氏

・斉藤一人氏の年収は、●2億円!!
 平氏はこの年収を抜くのを目標としている

・成功者は意外と中●●端な人が多い
 (白●はっきりさせない)

・成功する人の共通点
 ①●深い
 ②目標を●●●
 ③志を●●持つ

・極悪人は善人になれるか?
 平氏の答は? ●●●

・●や佐藤さんのお陰で感謝の気持ちを持てるようになった


【評価】


テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス


以前にもお伝えした通り、このサイトで一番多い
「検索キーワード」が”芦原達也(Mr.X)”さんです。

そしてGoogleで”芦原達也”を検索すると
なんと!1ページ目にこのサイトが表示されて
いるんですね。
(ありがたい事です!!)


そこで、このHPをご覧の皆さんで、芦原達也さんの
教材を聴かれてる方にお願いがあります。

私は金銭的な関係で、

 『月刊アドバンスクラブ(Advance Club)』

に参加していませんので、アドバンスクラブの
話を聴けません。

よろしければ、どのような話だったかを私の代わりに
この記事のコメント欄にレポートして頂けませんか?
(もちろん重要な箇所は隠すor伏字でも構いません)

『アドバンスクラブ』に参加をしようかどうかで
悩んでる方の判断材料になればと思っています。

ご協力お願いします。 m(_ _)m


★★★★★ 『Mr.X』 関連商品をYahoo!オークションで探す ★★★★★







| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。