ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、パブリックスピーキングスピーチ)の
講師として有名な

 蔭山洋介氏による個別レッスン

を紹介します。

 
【実施日時】
2009年7月1日(水) 19:00~21:00

【開催場所】
東京 新宿

【講師】
蔭山洋介 氏 (コムニス代表)
http://www.communis.jp/


【感想】
今回は、いつもより30分延長してもらいました。
というのも、前回も書いたように、蔭山先生との雑談が
すごく面白く、そっちで盛り上がってしまうため、
なかなかレッスンが進まないからです、、、、、。

でもって、この日は、雑談の中で、

 ”私の経歴のセールスポイント”

を発見してもらいました。

それまで自分の中では、

 ”専門学校卒で外資コンサルになった”

と言う点がセールスポイントかなと思ってましたが
蔭山先生からは

 ”システム導入後の効果測定手法”

は、あまり語られてないので、ぜひとも
アピールしたほうが良いとアドバイスを受けました。

今後、この点を論文にまとめ、完成し次第
論文発表をしてみます。

そして、先生とのレッスンの中で、
論文の改善や、このテーマに沿ったプレゼンを
考えていきたいと思います。

レッスンの中でこんな分析までして頂いて
いや~、ほんと得した気分です♪♪♪


【内容】

■柔軟体操
 ・足や腕などの筋肉をほぐす

■発声練習
 ・子音の練習(ハ~ワ行まで) 
  (例:ホうホう、マえムき、ヤくしゃ、、、)

 ・英語のLとRの発音の違い
  L: 舌を上の歯にくっつけたまま、動かさないで発音(破裂させない)
  R: 舌をくっつけず発音
  
 ・日本語の”る”は、LとRの中間のイメージ

 ・”ま”は、”んま”と発音

 ・”わ”は、”ぅあ”と発音

■3分間スピーチ
  →『学習は楽しい♪』※6月度のスピーチを改善したもの
 
 評価
  ・前回よりもましだが、感情がこもっていないので
   途中で中だるみしてしまっている
  ・ストーリーの論理性が弱い。
   「どのような内容を学習すると楽しいか」が分からない。
   ⇒ 実践→評価→改善 を繰り返すことで、”今困っていること”が
     改善される内容を学習しないと楽しくない。
     ※なので資格の勉強をする際、今の自分に関わらない学習だと
      モチベーションがあがらない
  ・聴き手は、このスピーチを聞いた後、どう思ってほしいかが伝わらない
   ⇒ このスピーチを聞いた後、「(聞き手が)学習が楽しくなりそう」と
     思えるようにしなくてはいけない

■『ジュリアス・シーザー』 ウィリアム・シェイクスピア著 の一説
  アントニーの演説(P80~81)を感情を込め、かつ母音・子音の
  発音を気にしながら明瞭に読む



■雑談メモ
 ・私のセールスポイントは、”システム導入時の効果測定手法”知っていること
 ・ソーシャルエンジニアリングの話 
 ・社会的問題を解決すれば、成功に近づく
 ・自分をブランド化するよりも、考え方をアピールするほうが良い
 ・社会の力を利用する。周りと一緒に走る。
 ・顧客目線
 ・本当に問題と思うことに対し、まっすぐに向かい合う
 ・「カリスマ」とは、基準(ルール)から少し離れた人
 ・「オーラ」とは、基準が離れている状態をかっこいいと思える人
 ・スタニスラフスキー・システム
  ⇒ロシアの演出家コンスタンチン・スタニスラフスキーが提唱した演技理論。
   よりリアルな演技のために提唱された理論であり、1934年にソヴィエト連邦によって公認された。
   20世紀の演劇論に大きな影響を与えた。(Wikipediaより引用

  参考URL: http://trainer-labo.com/sta_system.htm
  参考図書URL: 『スタニスラフスキー』に関する書籍をAmazonで探す

 
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。