ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、パブリックスピーキング(スピーチ)の
講師として有名な

 蔭山洋介氏による個別レッスン

を紹介します。

 
【実施日時】
2009年9月23日(水) 10:30~12:00

【開催場所】
東京 新宿

【講師】
蔭山洋介 氏 (コムニス代表)
http://www.communis.jp/


【感想】
今月は、現在私が受講中の
『ザ・プロフィール講座』で作成した
プロフィール原稿を基に、蔭山先生に
添削をして頂きました。

さすがに、スピーチ原稿を数多く
見られてるだけあって、非常に適切な
指摘をしてもらえました。

これをベースに再度プロフィール原稿を
書き直し、次週の『ザ・プロフィール講座』
”最終プレゼン大会”に万全の状態で
臨みます。

蔭山先生、ありがとうございます!


【内容】

■『ザ・プロフィール講座』で作成途中の
 300字プロフィールの添削

 [フィードバック内容]
 ・あまり安直な言葉を使わず、もっと重みのある言葉を使うべき
 ・あなたの強みは本当に「聞く」か?
  本当は「訊く(コンサルティング)」では?
 ・肩書きは、
  「コンサルタントオブザイヤー2006受賞の外資系ITコンサルタント」の
  方がよいのでは?
 ・今まで、”当たり前のこと”をして、今の自分があるのであれば
  「現場(=お客様)」を重視していることにつながる
 ・それとコンサルタントなので、「抽象度の高い仕事(=経営者寄り)」
  ができるということは「現場」「経営者」両方の視点があれば、
  ビジネスする上でよいバランスの思考だということが分かる。
 ・優秀な人は、「他者評価」でなく「自己評価」で生きている。
 ・あなたは「キャリアアップ」を目指さず、「自分の最善を尽くす」ことを
  続けることで結果キャリアアップしているので、そこを明示すべき
 ・「コミュニケーション」という言葉は、あいまいなので、
  もっと具体的な言葉が良い


【その他気付き】
■心理学における「学習」の変遷

 [人名]    [学問名]
 ソシュール: 言語学
   ↓
 フロイト:   内観療法
   ↓
 パブロフ:  古典的条件付け(受身)
   ↓
 スキナー:  行動主義、オペラント条件付け(能動)
   ↓
 ノーマン:   認知心理学(計算科学) 
          ⇒苫米地英人氏もここ
   ↓
   ?  :   脳機能マッピング、fMRI
 
 ・極端な話、これを覚えるだけで心理学はOK
 ※上記は、あくまでも備忘録につき、真偽の程は
  定かではありませんので、ご了承ください。

■「きく」のパターン
 聞く: Listen
 聴く: Hearing
 訊く: Counseling

■チョムスキー、ユニバーサル言語


【今月の紹介本】
■脳の計算理論 (川人 光男)
 

■ソシュールと言語学 (加賀野井 秀一)
 

■新装版 洗脳体験 (二澤 雅喜 、島田 裕巳 )
 
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。