ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、あの片岡鶴太郎さんと七田眞さんとの
対談CDである

 「腹の主」の声を聞いて生きる

を紹介します。


【商品概要】
■CD計1枚


【要約】
・絵と芸能活動の両立
・器用そうに見えて本当は”不器用”
・「片岡鶴太郎流」絵の描き方
・絵の”●●体の気持ち”を考える
・絵を描くことで”心の●色・●エジー”を表現したい
・絵を描くきっかけは”タモ●”?
・絵を上手に描く方法
・「腹の主」とはいったい何?
・鮎と語り合いながら絵を描く
・ボクシングを始めたきっかけ
・自分の●●と語り合う
・幼少期の話
・お笑いに入るきっかけ
・劣等性でも難関高校を合格できた方法とは?
・弟子入りの話
・なぜ芸能事務所とか出なく、弟子入りをしたのか?
・「ものまね」の重要性
・なぜ「ぽっちゃり鶴ちゃん」が痩せようとしたのか?
・生業を立てるためだけに生きるのではない。
 人間として生きると言うことは●を輝やいていてこそ
 初めて生きていると思える
・本当にやりたいことをやることで自分が一番●●できる
 人生に繋がる
・●から預かった身●を、●も●体も立派に使ってから
 ●へ返さなくてはいけない。
・●の声に耳を傾ける
・お風呂の中で自分の身体に「●●がとう」と言う
・嫌なことがあっても”●ラス思考”で!


【評価】

★★★★(いいですね~~)

個人的に片岡鶴太郎さんの”変身”の理由を知りたくて
買ってみました。

だって昔はあれだけ太っていて、いじられキャラだったのが
ボクシングやって、俳優をして、そして絵まで描いて。
すごい変化ですよね。

顔立ちも昔と違って、端正になったし。

その一端が垣間見れました。

一番特徴的な言葉は、 ”腹の主” ですよね。

他の言い方をすると”内なる声””ハイヤーセルフ”とでも
いうのでしょうか。

これに従って生きると言う姿勢が、大きな学びになりました。

この対談のベースになってる本もあるので、
気になった方はこちらも読んで見てください!

七田眞先生』『片岡鶴太郎さん』、貴重なお話し
ありがとうございます。


片岡鶴太郎さんの書籍】
 
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。