ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、神田昌典&科学者 茂木健一郎氏の 

 ダントツ企業オーディオセミナー vol.103
 『科学が拓く!ビジネスの可能性
  ~ 組織のノイズ、ブランド、そして総合的問題解決』

を紹介します。


【商品概要】
■CD 計2枚


【要約】
・”科学”とは?
 →医学のイメージ強いが、それだけでない。
 →大学院から始める学問。
  なので物理・建築・生物学を専攻した生徒が来る

・最近の研究と「のシステム論」
 →「不確実性(ノイズ,揺らぎ)をどう扱うかがポイント。
  は不確実性を大事にする。生きる上で活かす。

の”ノイズ”& 組織の”ノイズ
 →ノイズは良い・悪いの両面を持つ
 →一生懸命考えている時、脳の活動は一時的に落ちる
 (=ノイズのシャットダウン)
 →簡単な四則計算なら脳は活性化される。
  しかし難しすぎると。逆に活動が落ちる
 →セレンディピティー
  偶然に幸運に出会う
 (=外部から予定外のノイズが侵入し、それを活かす)
 →必要に応じ、メリハリよくノイズを”開閉”する
 →日本人は仕事とプライベートのオンオフが苦手だが、
  欧米はオンオフが上手
 →スモールワールド・ネットワーク
  Q: 遠く離れた見ず知らずの人に対し、何人通じればメッセージが届くか?
  A: ●人
 →最適な解を求める際、”規則的””不規則的”なものを
  バランスよく組み合わせると良い

・”感情のシステム”にみる、組織の問題解決
 →ノイズをいかにうまく利用するか
 →自分の感情を活発化させる必要あり
 →論理:規則的、 感情:不規則的

・ブランド価値を上げる「偶有性」と、揺らがない本質
 →天外伺朗さん(元ソニー)は”ノイズ”
 →Q:遇有性とは? 
  A:どうなるか分からない状態。
 →企業がブランド価値を高めたい場合、「偶有性」を取り入れる必要あり
  本質を見極める能力が必要
 →ブランドは、”リスクと隣り合わせ”ていないとダメ
  例:GoogleのYouTube買収
 →脳はストレスを”楽しい”と感じることもある

・脳を生かした勉強法 - いかに喜びを感じるか
 →今は、「脳」や「勉強」に強い関心を持つ時代
 →脳は「●び」が好き
 →自分自身の●界を超える
 →●界ギリギリの目標を設定する。
  それをクリアするとドーパミンが出る。
 →成功体験の●●重ね
 →「●的感覚」を身につけるのが重要
 →マネージャは部下に対し、「何か良いことをしたら褒めてあげる」と良い

・「意欲」は経験の蓄積から - 日本企業に足りないもの
 → 創造性 = 意欲(=モチベーション)×●験
  ”●験”がないと、”意欲”があっても空回りしてしまう
  ”●験”があって、はじめて”意欲”が出る
 →組織で一番大事なのは、"●育”
 →スティーブ・ジョブズ(アップルCEO)のスピーチを見たという
  ●験をすることで、スピーチを上手くなるたいという意欲が生まれる
  

・「ルールを作る」「ルールを変える」という発想
 →コンピュータゲームも自分で面白くなるようなルールが
  決めれるようになれば良い
  (伝統的な野外遊びは、自分たちでルールを決める)

・間違いのないビジネスポイントは、やるべきことをやる
 →Googleは”予測力”がある(ビジョナリー)
 →未来予想に重要なものは”SF小説”
 →ロジカルな部分は、人間の欲求を知ることで予測可能

・日本人へのエール - 脳科学知識の活かし方
 →脳を知るのであれば、自分に役立つことに興味を持つのが良い
 →現在の日本の脳ブームは、”安全・確実”を望んでいる。
  本来、脳は”不確実なもの”なので、あわない。
 →日本人は、”不確実(リスク)”をとるのが嫌いな民族
  日本人はもっと不確実に目を向けろ!!

・すべてのことは”脳内現象”?! 大事なのは”手元”
 →カリスマ的な経営者は、突拍子もないビジョンを持った人が多い
 →手元(=自分がやるべきことを理解している)がしっかりしている人は大丈夫

・これから必要なことは”人間のマッシュアップ”
 →イメージ、アートセラピー
 →普通の人でも”学びのモード”がある
 →ニューロダイバーシティ、メンタルヘルス
 →天才は脳のバランスが崩れた人
 →日本でも色んな分野の優秀な人材が集まったグループを組織化すると良い
  (コラボレーション)


茂木健一郎先生の書籍】
 

【評価】

★★★(アハ!の連続。)


の話なので、正直難しいかなと思いましたが、TVでも
大活躍の茂木健一郎さんですので、意外と分かりやすかったです。

個人的には、”ノイズの扱い方”が勉強になりました。

一般的な考え方だけに固執するのでなく、
突拍子もない考え(=ノイズ)をすることで、より良い考えが生まれる
ことが科学的にも理解できました。

引き続き、の勉強をしてみようと思います。

『神田昌典先生』『茂木健一郎先生』、貴重なお話し
ありがとうございます。

★★★ 『神田昌典』氏 関連商品をYahoo!オークションで探す ★★★
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。