ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、神田昌典氏が洋書の内容を語った

 ダントツ企業実践オーディオセミナー vol.111

 『これからのビジネスを形作る新理論
  「U理論」を先取りする』

を紹介します。


【商品構成】
■CD 計2枚、書き起こし冊子1部


【感想】
今までは著名人との対談だったのが、
今回は洋書の説明でした。

神田昌典先生の新しい試みですね。

なかなか洋書は、読むのに敷居が高いので
このような試みは個人的にはありがたいです。

ちなみにU理論自体は、なんか分かったような
分からないような感じでした。

個人的には、U理論とは

 ”望むべき未来から逆算して発想する”

ということかなと思いました。

もっと読み進めると、印象が変わるかもしれません。

そのうち、原書にも挑戦してみます!

※11/16追記
 ついに日本語版が出たようです!



【要約】


書籍名: Theory U: Leading from the Future as it Emerges
著者名: MIT講師 オットーシャーマー
 


■U理論とは?
 ・思考的なフレームワーク
 ・6つの”メルクマール(段階)”
 ・リーダーシップ
 ・思考クオリティーのアップ

■画家がどうやって、真っ白なキャンバスに絵を描き始めるのか?

■アイデアが浮かび、 モヤモヤ ~ 結実 するプロセスが
 ”U”の形をしている。

■その際、以下の段階に分かれる
 1)●ownloding (●ウンロード)
 2)●eeing (見る、●める)
 3)●ensing (五●で感じる)
 4)●resencing (深く●索する)
 5)●rystallizing (●実させる) 
 6)●rototyping (未来の●型を作る、試●)
 7)●erforming (●開)

■4つの思考レベル
 例: 医者の場合
   1)欠陥をみつけて、それを治す
   2)病気の原因や習慣を指摘する
   3)カウンセリング。
    患者の生き方を深く一緒に考える
   4)言葉にできない状態
    「私は何者?」「何故ここにいる?」

   今の医者は、上記1,2しかやっていない  
   しかし患者は、上記3,4を欲している

■「4つの思考 レベル1、2」は
  「7つの段階 レベル1、2」と同等
  つまり深く掘り下げていない

■我々社会は、誰も望んでいない社会を作り出している

■レベル1,2 = 過去から学ぶ
  レベル3,4 = 未来から学ぶ

■『ダントツオーディオセミナー』をすると一番喜ぶ人は
 ”インタビューを●●●人”

■『ダントツオーディオセミナー』でインタビューをしていると
 全然ビジネスに関係のない話にいく場合があるが、
 そのまま話を続けていると、気が付けばビジネスに
 つながって来てしまう。

■出会いには必ず『●ーマ』がある。 
 なぜ今ここでその人と出会ったのか?
 著書『全脳思考』にもつながるが、
 その人との出会いによって世の中のために
  ・何ができるのか?
  ・何を生み出せるのか?
 ができると、物語が作成でき、その物語を語る人が増えてくる。
 これをビジネスに生かすと、商取引が1回だけでなく、
 再現性が出てくる。



■フィールドストラクチャー(Field Structure)
 社会階層 
  レベル1) I in me
         ⇒ 自分の視点
  レベル2) I in it
         ⇒ 合理的な視点
  レベル3) I in you
         ⇒ 相手の視点(共感する立場)
  レベル4) I in now
         ⇒ 世の中がどうなっていくのか(哲学的な立場)

■レベル3以降で、自分の境界線を越える
 レベル3は『感情マーケティング』と同じようなもの

■ブランドとは、
  ・ファンの●が多い
  ・自己●影できる
  ・顧客との●値観がばっちりあう

■4つのどこに視点があるかによって、●動が変わる 

■今の会社は、高度に抽象化された商品やサービスが
 メインなので、実際は●に見えない。
 だから議論がかみ合わない。
 また人によって、社会階層での”視点”が違うので
 理解できない
 このレベルによる視点の違いを理解しないと
 何事も生み出すことができない

■問題が複雑になればなるほど、レベル4の視点で
 物事を見て解決しないとダメ

■レベル4から発想すると、今までのパターンとは
 ありえない発想が出てくる

■クリエイティブな人は、●●●前の2~3時間を
 重要視している。
 瞑想(メディテーション)は重要。

U理論をビジネスで活用するには?
 ・ミーティングのすすめ方
 ・ファシリテーションの仕方
 ・自分自身のマネージメントの仕方

■レベル4『世の中がどうなっていくのか?』
 というように”●来”からビジネスを発想することが
 今後は必須となる



★★★ 『神田昌典』氏 関連商品をYahoo!オークションで探す ★★★ 
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス





こんばんは。りん太です。
ご訪問感謝いたします。

>4つの思考レベル

興味深いですね。

応援ポチッ!!

【2009/02/14 17:39】 URL | りん太 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。