ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、パブリックスピーキングスピーチ)の
講師として有名な

 蔭山洋介
 『パブリックスピーキングラボラトリー セミナー』

を紹介します。

 
【開催日時】
2009年4月11日(土) 10:00~18:00  ※懇親会 18:30~21:30

【開催場所】
東京 飯田橋

【主催】
インプロビック (林洋一氏)

【講師】
蔭山洋介 氏 (コムニス代表)
http://www.communis.jp/



【内容】

■自分のペア相手の紹介を兼ねた1分間スピーチ

■講義
 1)理論編
  ・説明でなく表現を  
  ・演出の重要性
  ・プレゼンの目的設定
  ・自分のキャラクターにあったプレゼン
  ・服装も重要
  ・効果的な小道具
  ・見習うべきプレゼン上手な人
   - スティーブジョブズ(アップル社CEO)
   - バラクオバマ大統領
   - 高田明(ジャパネットたかた社長) 
  ・シナリオ
   - 帰納、演繹法のどちらが良い?
   - 劇構造とは?
   - スピーチの基本構成は
    1: 最初のあいさつ
    2: アイス●レーキング
    3: ●レーミング
    4: 事●、事●
    5: ●見
    6: まとめ

 2)表現編
  ・演技力を鍛える
  ・演技力を鍛える要素
    1: ●報
    2: ●緒
    3: 身●・声
    4: 確●
  ・ボイストレーニング
   →●田に力を
  ・情●のトレーニング

 3)実践編
  ・3分間スピーチ
   →自分の身の回りのネタを上記の基本構成に
    沿ったシナリオを作成してみる


【感想】

パブリックスピーキング』という技法は、正直
『話し方教室』の延長と思ってましたが、
全然違ってましたね。

どちらかというと、パブリックスピーキングは”演技”ですね。

パブリックスピーキングとは、

 ・感情をこめて話をする
 ・相手の頭の中にイメージを沸かせる
 ・劇構造のシナリオ作成 (簡単に言えば、起承転結)

ですね。


なかなか日本人は、このパブリックスピーキングを含む
人前プレゼンが苦手なので、私を含む他の参加者の方も
苦戦をされていました。

それだけに、このスキルを使いこなせるようになれば、
人よりも優位になれますね。


また、平秀信氏/Mr.X(芦原達也氏)や、ウォーレンバフェット氏も
このパブリックスピーキングの力は必須といっています。

私も、このスキルを身につけ、人前でも堂々と、そして
感動を与えるスピーチができるようになりたいです!!


PS:
蔭山先生にお願いし、今後毎月1回
個人レッスンをして頂くことになりました!


⇒『プレゼン』に関する書籍を楽天で探す


【参考URL】
蔭山洋介氏 セミナー動画
 http://akinaisouken.jp/genkikai/event/s_spsg/sp.php
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーディオブック&セミナー 自腹de評価感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。